鉄道輸送・railtransportの選択肢

中長距離輸送を選択している人たちもいらっしゃるかもしれないですよね。一方では、鉄道輸送・railtransportという手段があります。

中長距離輸送と比較して、鉄道輸送・railtransportってお得なんだろうか……?と思っている人たちも多いのではないでしょうか。

輸送コンテナを探す

中長距離輸送と比較してどうか

中長距離輸送と比較して、鉄道輸送・railtransportという手段にどの程度メリットが存在しているのかしっかりリサーチしてみましょう。

500キロメートルを超える中長距離輸送であれば、高速道路料金もかかるでしょうし、燃料費にも費用がかかることになります。

そのようなものに対して、どの程度費用がかかってしまうものか、だいたいは計算することができると思います。実際に計算をしてみて、中長距離輸送よりも、やっぱり鉄道輸送・railtransportという手段の方がリーズナブルなのです。

しかしデメリットもある

しかしそれでもも中長距離輸送を選択している人たちもいます。なんで、中長距離輸送を選択してしまうのかといえば、鉄道車両からトラックへの積み替え作業などが発生したりして、リーズナブルを実現することができるかもしれませんが、時間のロスが起きてしまうからです。

そもそも鉄道輸送・railtransportという選択肢は、ドア・ツー・ドアのトラック輸送と比べれば、相当時間ロスが起きてしまうのも事実でしょう。

そのような問題とどう向きあえばいいかですが。実際には、時間ロスに、鉄道輸送・railtransportのデメリットが存在している訳ではなく、実際に計算していただければ明確ですが、鉄道輸送・railtransportという手段の方が、 走行スピードは中長距離輸送よりも速いですよね。

鉄道輸送・railtransportという手段も、距離が長い程大きなメリットが出てくるはずなのです。

鉄道輸送・railtransportのメリット

鉄道輸送・railtransportという手段は、 CO2削減に効果的な輸送モードです。多くの企業が、鉄道輸送・railtransportという手段を選択することで、何かが確実に変化するでしょう。

いま確実に企業が、環境と向き合い何かをしなければならない時代です。

さらに、鉄道輸送・railtransportという手段は、貨物駅でコンテナ貨物を5日間だけ無料で一時保管するサービス提供など受けることができ、そのようなシステム提供を、上手く活用している方々も多くいます。

そのようなサービス提供で、貨物駅を倉庫代わりに利用することが出来ます。