海上輸送・SEATRANSPORTコンテナラウンドユース(CRU)

海上輸送・SEATRANSPORTには、いろいろなメリットがあります。 あなたはどの程度、海上輸送・SEATRANSPORTのことを理解していでしょう。

海上輸送・SEATRANSPORTのことをもっと理解して、有効的に活用しましょう。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

コンテナラウンドユース(CRU)

海上輸送・SEATRANSPORTにおけるワードで、コンテナラウンドユース(CRU)という言葉があることをご存じでしょうか。

海上輸送・SEATRANSPORTとは関係ないという方々には、なかなか馴染みのない言葉かもしれません。

コンテナラウンドユース(CRU)という言葉を正しく理解するため、まずは海上輸送・SEATRANSPORTについてしっかり理解しましょう。

海上輸送・SEATRANSPORTでは、コンテナを使用します。その場合、港湾のコンテナヤード(CY)、また、荷主工場や倉庫などとの間で、陸上輸送も必ずともなうものです。

輸入荷主の拠点まで陸送されれば、中身を取り出し、空コンテナが、CYまで再度陸送で戻されることになります。

輸出荷主は、港湾のコンテナヤード(CY)から自社まで陸送で空コンテナを引き取ることになり、再び、輸出貨物をつめて、 コンテナヤード(CY)まで陸送で搬入ということになります。

非常に効率が悪い?

このような感じで、海上輸送・SEATRANSPORTでは、
輸入と輸出の狭間で、
CYを経由・往復というのが一般的な流れです。しかし、非常に効率が悪いという感じもありますよね。

空コンテナのままの状態で、内陸&港湾を往復しているだけなのですから。

そこで、いま注目されているシステムが、 コンテナラウンドユース(CRU)なのです。

コンテナラウンドユース(CRU)は、 使用したコンテナをCYに戻さない方法であり、そのまま輸出荷主の拠点へと持ち込まれることになります。

コンテナラウンドユース(CRU)のもたらすメリット

コンテナラウンドユース(CRU)には、効率性以外にもいろいろなメリットがあります。

コンテナラウンドユース(CRU)を採用することは、環境にもいいと言われています。

それは、コンテナラウンドユース(CRU)によって、無駄な往復が低減されるからです。

いま、多くの企業がしっかりコンテナラウンドユース(CRU)と向き合っている以上、あなたの企業も、コンテナラウンドユース(CRU)を採用しない手はないでしょう。

コンテナラウンドユース(CRU)は、 港湾あたりの渋滞緩和にも貢献することができる方法です。