海上輸送・seatransportコンテナターミナル

海上輸送・seatransportにとって大事な場所は、コンテナターミナルです。コンテナターミナルは、海上輸送・seatransportと、そして、陸上輸送を繋ぐための場所です。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

コンテナターミナルとは

海上輸送・seatransport、海上輸送・seatransportと言いますが、海上輸送・seatransportにとって、陸上輸送も欠かすことができない存在です。

いま、海上輸送・seatransportがにぎわっているから、陸上輸送も活気ありということができます。

かつコンテナターミナルは、外国貨物の一時保管場所としての機能も有効的に果たしています。

そこでは、海上輸送・seatransportで積まれてきた貨物の、内容点検、改装、仕分けをしています。

基本、海上輸送・seatransportの貨物の、蔵置の期間は1ヶ月と決定されています。ここでは、 関税法上の自主管理制度を利用して、
貨物の搬出入管理を行っています。

検査・清掃・洗浄

またコンテナターミナルには、数々のコンテナが戻る場所であり、コンテナはコンテナで、次の海上輸送・seatransportに耐えることができるか、しっかり検査される必要があり、清掃・洗浄や破損部分の修理と言ったものもここで行っています。

海上輸送・seatransportにとって、コンテナがどれ程大事な意味を持っているか今更言う必要はないでしょう。

CFS(Container Freight Station)

更にコンテナターミナルにおいて、知っておかなければならない二つの場所があります。 CFS(Container Freight Station)とは、海上輸送・seatransport会社が、貨物をコンテナにつめてバンニング、またコンテナから貨物を取り出すデバンニングをしている場所のことです。

LCL(Less than Container Load)貨物と同義で、CFSでの混載作業をコンソリデーション(Consolidation)という言い方もします。(コンソリデーション カーゴ)

一方でCY(Container Yard)とは、保税地域の海上コンテナを一時、保管している施設です。

海上輸送・seatransport会社、港湾運送業者が、
所有また管理をしています。海上輸送・seatransport輸入のケースでは、FCL貨物は、CYに搬入された時点で輸入申告が可能に出来ます。

輸出の際でもCY(Container Yard)を利用することで、かなりリードタイム短縮を実現することができるでしょう。

LCLとFCL

海上輸送・seatransportには、LCLとFCLがあります。LCLとFCLは、それぞれ海上輸送・seatransportの輸送形態のことを言います。Less Than Container Loadは、コンテナをシェアする方法のことを言います。

FCL (Full Container Load)はコンテナを1個借り切るため、基本的にコンテナを途中で開けることなく、輸入者が指定する場所まで届けることができます。